メンズ

専門家に任せる骨董品目利き【買取に必要な知識を持とう】

世界中にコレクターがいる

日本刀

日本の造形美

戦国時代が長かった日本は、戦いの歴史だったとも言えます。海外で日本のイメージを聞くと、ちょんまげ、サムライ、ニンジャと答える人もいまだに大勢います。日本のアニメや映画も海外では人気が高く、侍や忍者のいる国として興味を持ってくれる人もいます。侍の戦いの装備として、日本刀があります。日本刀は世界でもトップクラスの切れ味をもつ刀です。その鋭い切れ味と、美しい形や装飾や拵えに芸術的価値があるとされ、古いものでも高額で取引をされているのが日本刀です。日本刀は戦いにおいての武器としての役割の他位に、神前にまつるなどの儀式にかかせないものとして作られてきました。神聖な儀式に使用する日本刀は形や装飾に優れており、コレクターの間で高い人気があります。

世界水準の切れ味と美しさ

日本では刀鍛冶が刀を鍛え上げる技術を持って美しい日本刀ができあがります。日本刀は芸術的価値により財産にもなりえます。日本はもとより、欧米を中心に日本刀のコレクターが多数おり、芸術品や骨とう品として売り買いが行われています。特に名の知れた刀匠が作ったとされる刀は高額で取引されています。拳銃などと違い、刀には免許や資格といったものは必要ありませんが、所持する際には登録証が必要になります。日本刀は刀身だけではなく、つばや鞘、柄などの部品もあり、それぞれに装飾が施されていたり、紐や鞘の色使いなども工夫が凝らされています。そういったものもコレクターに人気があり、高額で取引されることもあります。家に眠っている刀があったら、どのくらいの価値があるのか調べてみることもいいと思います。