ロゴ

自社に合ったものを選ぶ~レンタルサーバーの種類とそれぞれの特徴~

レンタルサーバーって何?

レンタルサーバーとは、サーバー設備を個人や企業に対して貸し出すサービスです。
どのようなときにサーバーが必要かといえば、ホームページやネットショップなどの開設を行う場合です。個人でサーバー機を購入したり回線の契約を行ったりするとコストがかかるため、レンタルサーバーを使って手軽にサイトの運営を行います。

レンタルサーバーの人気種類ランキング

パソコンを操作する人
no.1

共有して使う共用サーバー

共用サーバーとは、1台のサーバーを複数人が共用して使うサービスです。サーバーの設定や運用は、業者の手で行うため手軽に利用できます。

no.2

1人で占有する専用サーバー

専用サーバーは特定の人が専門に使用できるサービスです。契約した人がサーバーの設定を自由に変えられます。またサーバーのスペックが共用サーバーよりも良いという利点もあります。

no.3

注目の仮想専用サーバー

仮想専用サーバーとは、共有サーバーと専用サーバーとを足したようなサービスとなっています。
1台で複数人が利用できますが、サーバーの中を仮想化という技術で区切って提供します。そのため、サーバーの設定や運用は契約者ごとに行うことになります。

法人向けのレンタルサーバーを導入しよう

会社でサイトを運営する場合、データーの改ざんや消失などがあると信用問題にかかわります。そのため、出来るだけ安全性が高い法人向けのレンタルサーバーを導入すると安心です。

信頼できる業者を探そう~失敗しないレンタルサーバーの選び方~

レディ

レンタルサーバーの選び方

レンタルサーバーを借りるときは、まず信頼できる業者であるかチェックしましょう。業者の中には契約者数や契約企業などを公開しているので、それらの情報を参考にしてみると良いです。また、サーバーの容量や機能が使用目的に適しているかを確認します。例えば一般的なホームページを運営するならば、サーバーの容量はそれほど大きくなくても良いでしょう。また複数の業者で料金プランを比較して、コストが低いところを選ぶことをおすすめします。

パソコン

導入費用について

レンタルサーバーを選ぶ上で、導入費用はとても大切な要素です。個人向けのレンタルサーバーの場合、激安プランから高価格プランまで様々です。激安プランでは月額100円程度のものから、高価格プランでは月額1,500円程度まであります。一方、法人向けレンタルサーバーでは、月額数千円程度のプランが多いといわれています。法人向けなのでバックアップやセキュリティーなどが強化されている分、それが価格にも反映されています。

男の人と女の人

レンタルサーバー導入時に気をつけたいこと

レンタルサーバーを導入するうえで気を付けることといえば、トラブル時のサポート体制です。トラブルが起きたら即時対応が必要なので、電話対応がしっかりしている業者を選ぶと良いでしょう。レンタルサーバーを導入すると、複数のメールアカウントを使い分けることがあります(特に法人向けの場合)。業者によってはアカウント数に制限があるところもあるので、自由に作成できる業者がおすすめです。

初めての方へ!レンタルサーバーを利用する前に解消しておきたい疑問

婦人

ドメインについて知りたいです。

ドメインとは、インターネットにおける住所のようなものです。ドメイン取得サービスで取得して、独自のドメイン名でインターネットサイトを運営することができます。

DNSとは何のことですか?

DNSとは、「Domain Name System」の略称で、数字で表しているIPアドレスを人が覚えやすいようにドメイン名に紐づけるシステムのことです。

SSLについて教えてください

SSLとは、「Secure Socket Layer」の略称になります。
これはデータ通信を行うときに、インターネット上で暗号化して送受信できるプロトコルです。安全にデータのやり取りを行うために必要です。

メーリングリストとは何ですか?

メーリングリストとは、複数の人にメールを送信する仕組みのことです。
あるテーマについて情報のやり取りを行う目的で使うことが多いです。

[PR]
0円パソコンを多数販売中!
低価格でネット環境が整う

[PR]
レンタルサーバーを提供中
初期費用をcheck♪